ペットと家族のヒーリングサロン なる 代表
鍼灸師 ペット看護士

伊東 歩
いとう あゆむ

1969年2月4日生まれ

ホームページをご覧頂きまして、ありがとうございます。
【 ペットと家族のヒーリングサロン なる 】の代表、鍼灸師の伊東 歩(いとう あゆむ)と申します。

鍼灸治療をはじめてから、24年。
愛犬を亡くした患者さんが、そのショックから体調を崩してしまったことをきっかけに、動物への施術がはじまりました。

「こんな思いをするなら、もう二度と動物は飼えない」

という言葉が、とても重かったのを覚えています。

元々、動物が大好き…というわけではなく、小学校の頃は
「犬の世話なんて、めんどくさいなぁ」
と思いながら、当時飼っていた犬の散歩をしていたような普通の子どもでした。

1969年2月4日に山口県で生まれた私は、父の仕事の関係で、倉敷、鳥取と引っ越しが続きました。
引っ込み思案で、なかなか友達ができなかったのを覚えています。

 

毎年骨折…

大学進学で名古屋に。このとき、あるものにハマってしまいました。オートバイのレースです。名古屋から鈴鹿サーキットが近かったこともあり、気がつけば毎週通っていました。

一度決めたらトコトンやる性格なので、
「どうせレースするなら遊びじゃなくて、プロを目指そう。そして世界グランプリで活躍するんだ」
とかなり熱くなっていました。

努力する才能だけは持っていたので、とにかく夢中で練習しまくっていました。
「限界までやらないと、トップにはなれない!」
と思っていた私は、サーキットで走るたびに転倒していて、毎年骨折や入院を繰り返していたのです。

ときには、骨折した脚でレースに出場。松葉杖で表彰台にのぼったこともありました。

 

周りのレース仲間が、ひとり、またひとりとサーキットを去り社会人になる中、気がつけば10年目。
そこでようやくレースの成績が認められ、国際A級ライセンスを獲得!
国内の最高峰、全日本選手権への参戦が叶ったのです。長かった…。

 

ようやく掴んだ夢が
30歳を目前にして、とにかくこれから成績を残して「世界へのチャンスを掴んでやるんだ!」と意気込んでいたのですが‥

全日本選手権第3戦、鈴鹿サーキットにて、またしても転倒。
時速200kmくらいでマシンから放り出され、数十メートルも転がったのです。

転がっている最中に、「ああ、手が折れた‥ 今度は足だ‥」と分かりました。
すぐに救急車に乗せられ、そのまま緊急手術。

結局、そのまま引退という苦い経験ばかりの20代を過ごしました。

仕事がない…
レースを引退した時期は、バブル崩壊で不景気。
「今まで何やってたの? レース? 使えねーな」
私が入れる会社はありません。

「手に職をつけるしかない」

そこから治療家の道がはじまりました。
「困っている人を救いたい」
というような美談ではないのです…

でも、治療は私に向いていました。

トコトンやる
地道に努力する
性格が、治療技術を高めるには土台となってくれたのです。

犬がてんかん発作!

なんとか治療で生計を立てられるようになった私は、結婚し、娘が生まれました。
その娘が一目ぼれしたのが、わが家の長男『チョコ太郎』

チョコ太郎には、持病があります。
てんかん発作です。

最初に発作を起こした時は、もうパニックでした。

突然「バタッ」と倒れたかと思うと、全身が震え出して、口から泡を吹いて、オシッコとウンチも垂れ流し。

数分後、けいれんが治まったかと思うと、目つきが鋭くなり、人(犬)が変わったかのように家族に向かって唸り出す。

撫でようと手を出したとたん、ガブリと噛まれました。
(マジ噛みで大出血です…)

そこから、てんかん発作を治そうと試行錯誤がはじまりました。
犬の生態を学んで
栄養学を取り入れたり
自律神経を整えたり
フラワーリメディを使ったり
ツボや経絡を刺激したり
気を流したり
電磁波デトックスしたり
アーシングしたり。

そのおかげで、ずいぶんと動物治療の勉強になりました。

できることはある

チョコ太郎以外の動物を、施術するつもりなんてなかったのですが…
ここで、冒頭の患者さんの話へと戻ります。

愛犬を亡くした患者さんが、そのショックから体調を崩してしまったのです。
「また、新しい子を飼ったら?」
と伝えたのですが、
「もう、こんな思いはしたくない」
との言葉。

苦しそうなのに、自分は何もできない。

何かしてあげたいけど、結局薬を飲ませることしかできなかった。
もっと他に、できることがあったんじゃないか。
もっと…

と、心残りが溢れてくる。

この患者さんがきっかけで、私は動物の施術をはじめることにしたのです。
20年以上東洋医学に携わってきて、それを動物のために活かそうと決めました。

 

現在の夢は、縁のあった東南アジアの「ラオス」で無料で整体を学べる学校をつくること。
厳しい現状のなかで将来をあきらめかけている若い人に、手に職を持って、生きる手段を手に入れてもらいたい。
そう思って、着々と計画を立てているところです。

まずはNPO法人国際学校建設支援協会を通じて、小学校建設のプロジェクトを支援。
2020年は落成式参加のためラオスに行ってきます。(コロナで延期)

動物の【なでケア】教室について

【 伊東 歩 の他の著書はこちら 】
amazon著者ページ

【 院長運営のオウンドメディア 】
創刊以来50万人以上に読まれたお役立ちマガジン
美容と健康のヒント満載『キレイの実』

【 美容と健康の動画チャンネル 】
総再生回数 30万回突破の人気番組!
YouTubeチャンネル『キレイの実』

【 記事監修している企業サイト 】
江崎グリコ BifiX マガジン

【 鍼灸施術はこちら 】
なる治療院
https://na-ru.net/

 

PAGE TOP